twitter1.jpg

Dr.篠田のブログ

食後の歯みがきのタイミング : すぐみがく? 30分経ってから?

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科クチコミサイト・デンターネット
2013012702.jpg

画像:東京医科歯科大学同窓会リーフレット「酸性食品と酸蝕症」より


 食事の後はすぐに歯みがきをした方がいいのでしょうか? 時間をおいてみがいた方がいいのでしょうか?

食後の歯みがきは30分経ってから?

2013020302.jpg
画像:東京医科歯科大学同窓会リーフレット「酸性食品と酸蝕症」より


 以前、当ブログの記事で東京医科歯科大学・歯学部長の田上順次先生の解説を紹介しました。それによると、歯みがきの習慣が定着している大人は食事の30分後に、子どもや口腔内に細菌の多い人は食後すぐに歯みがきをした方が良いということでした。


食後どのタイミングで歯を磨けばいいの?

のエナメル質は、酸性の食物(糖分、フルーツ、酒類、酢など)によって口の中が酸性になると一時的に柔らかくもろい状態になります。この状態は、だ液に含
まれるミネラル成分によって約30分で再石灰化されますが、それまでに硬いものでこするとエナメル質を傷付ける恐れがあります。きちんと歯磨きが習慣と
なっている人は、歯そのものを守ることを優先して食後30分経ってから歯磨きするほうがいいでしょう。ただし歯磨きの習慣が十分でない子どもや、歯周病が
あるなど口中に細菌がたくさんいる状態の人は、まずは毎食後すぐの歯磨き習慣を付けることから始めましょう。

小児の食後の歯みがきはすぐに

 その一方で、日本小児歯科学会は「食後すぐに歯をみがくと、あたかも歯が溶けてしまうというような報道が新聞やテレビで伝えられた。」として、その根拠が酸性炭酸飲料に歯の象牙質の試験片を90秒間浸した、むし歯とは異なる「酸蝕症」の実験によるものであると指摘しています。

日本小児歯科学会提言 より引用

 実際の人の口の中では、歯の表面は上記の実験で用いられた象牙質ではなく酸に対する抵抗性がより高いエナメル質によって被われています。したがって、このような酸性飲料を飲んだとしても、エナメル質への酸の浸透は象牙質よりずっと少なく、さらに唾液が潤っている歯の表面は酸を中和する働きがあり、酸性飲料の頻繁な摂取がないかぎり、すぐには歯が溶けないように防御機能が働いています。つまり、一般的な食事ではこのような酸蝕症は起こりにくいと考えられます。

 結論としては、通常の食事の時は早めに歯みがきをして歯垢とその中の細菌を取り除いて脱灰を防ぐことの方が重要です。


日本歯科保存学会ステートメント

 また、日本歯科保存学会も歯みがきについて「食後の早い時間内に行うこと」というステートメントを発表しました。

日本歯科保存学会HP より引用
 食後の歯磨きについては、歯のう蝕(ムシ歯)予防の見地から、これまで一般的に推奨されてきた通り、食後の早い時間内に行なうことをお薦めします。ただし、酸性の強い飲料などの飲食物を摂った場合には、歯の酸蝕(酸によって歯の表面が溶けること)に留意して歯みがきすることをお薦めします。

 「酸性の強い飲料などの飲食物を摂った場合には、歯の酸蝕に留意して歯みがきする」とは、具体的に何を意味するのでしょうか?「時間をおいてみがく」ことなのでしょうか?

現在の酸蝕症の有無によってタイミングを

2013090501.jpg

 日本小児歯科学会日本歯科保存学会の両方の提言で「酸蝕」という言葉が出てきます。酸蝕症は上の写真のように、歯の表面の黄色っぽい部分(象牙質)がえぐれているのが特徴です。このような患者さんに酸性食品を頻繁に摂っているか質問すると、「心当りがない」と答える患者さんも多くいらしゃいます。酸蝕の起こりやすさには、個人差があるのかも知れません。このことから、大人においては「一般的な食事ではこのような酸蝕症は起こりにくい」とは必ずしも言えないと思います。

以上のことから酸蝕を考慮して、歯をみがくタイミングを私個人的まとめると

・子どもと口腔内に細菌の多い人は食後すぐに
・すでに酸蝕症の兆候のある人は食後30分おいて
酸蝕症の兆候のない人で酸性の強い食品を摂っていない場合は食後すぐに

と考えています。では、

・酸蝕症の兆候のない人が酸性の強い食品を摂った後は

難しいところですが、永久歯を生涯(70年以上)酸蝕症にしないためには食後30分おいてみがいた方がいいように思います。

参考サイト
日本小児歯科学会
日本歯科保存学会


カテゴリー:【歯の知恵袋】, 【予防歯科・定期検診】  日時:2015年4月30日

予約 youtube
このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails